GMOのWiMAXでネットにつながらなかった時に確認する方法

GMOとくとくBBのWiMAXを契約後に、「インターネットに繋がらなかった」「さっきまでネット接続できてたのに繋がらない!」って状態になる事があります。
こちらについてパターン別に対処法を解説したいと思います。

外出先なら(いつもと違う場所なら)エリアを確認

WiMAX2+はエリア外だと圏外でネットに繋がらないので、外出先でネットに繋がらなくなった(いつもと違う場所での利用)なら、公式サイトでサービスエリアを確認するようにして下さい。

ここで圏外ならこれはしょうがないのでまず最初に確認して下さい。

室内の奥まった所で電波が悪くて圏外になっている

LTEと比較して高速でインターネット接続ができるメリットがありますが、WiMAX2+は障害物に弱く、室内でも窓から遠かったり電波が悪かったりする場所だと、圏外やネット接続が切れやすくなります。

圏外になった場合には電波が入りやすい窓際に本体を置いてからネット接続してみるということを試してみてください。

再起動してみる

また、それでもネット接続が回復しない場合には、「WiMAX2+の端末の電源ボタンを長押しして再起動」をしてみて下さい。

また一旦電源切り、10分位時間をおいてから起動することで問題なく繋がる様になる事もあります。

初期化をしてみる

上記の様な事を試しても・確認してみても、それでもダメって場合には、「本体のmicroUSBポート横の小さい穴の中にあるリセットボタンを押して、本体を初期化」を試してみて下さい。

初期化と聞くと不安に感じる方もいるかと思いますが、初期化、はWiMAX本体が自宅に届けられた時の状態に戻るだけなので。

他の機器による電波干渉を受けている

「電子レンジなどの家電製品の電磁波による影響を受ける」
⇒「他の通信機器の発する電波と干渉する」
⇒「WiMAX2+が繋がりにくくなる」
という事があります。

WiMAX2+のアンテナが立っているのにインターネットに繋がらない時はこの電波干渉の可能性があるため、室内ならば2.4GHzから5GHzに切り替えてみて下さい。

2.4GHzは障害物に弱い電波なのに対して、5GHzは電波干渉に強いのが特徴で、室内ならば5GHzは使えます。

切り替えは次の2つのやり方でできます。

  • ルーターで「設定」⇒「通信設定」⇒「WiFi設定」と進めて切り替える
  • WiMAX2+のクイック設定WebのLAN設定から変更する

ただ、5GHzは障害物に弱いため、モバイルルーターとネット接続した機器の位置関係によっては逆に繋がりにくい部分もある、というのは覚えておいてください。

データ通信量のオーバーで速度制限を受けている

この場合は、特にやれる事はないので、翌月にGBが回復するまで待しかないですね。

GMOとくとくBBのWiMAXのギガ放題プランは使い放題のプランだとイメージしている方もいると思います、次のような制限があります。

  • 3日間で10GBの使用量を超えると速度制限
  • 翌日の18時から26時まで1Mbpsに速度が低下する

WiMAX2+の回線自体に通信障害が発生している

また、急にWiMAX2+でネットに繋がらなくなった場合、回線自体に通信障害が発生しているって可能性もなくはありません。

この場合は特にやれる事もないため、復旧まで待つ事になります。

WiMAX2+の通信障害に関しては、本家のUQコミュニケーションズの公式サイト内の以下のページで確認できます。

  • 障害発生状況に関するお知らせ
  • UQ mobileの障害状況
  • UQ WiMAXの障害発生状況
  • 復旧状況

料金の未払いがないかをチェックする

料金の未払いで、WiMAXが利用停止になっているケースもあります。クレジットカード払いができているか、引き落とし口座の残金があるかも、一度確認してみてください。

それでもだめなら・・・

サポートセンターに連絡です。

以上になります。
つながらなった時の助けになればと思います。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる